主将 あいさつ



2019年度 主将
恒藤 凌
いつもCRUSADERSを応援して下さりありがとうございます。
今年度、主将を務める4回生DBの恒藤 凌です。

今年のスローガンは『信頼』です。

なぜ『信頼』を掲げたのか、昨シーズンにおいて、練習や私生活などの日常においてモラルが欠けているメンバーが試合に出られてしまう状況が生まれ、そういったメンバーを同じ仲間として心の底から信じて戦えなかったことがあげられます。
そのことが、スタッフやコーチなど、選手を支えてくれる立場の人に対しても、勝ちにこだわった姿勢が伝わらず不満へとつながり、「このチームで勝ちたい、勝てる」と心の底から思えていなかったと考えます。
それらを踏まえ、今のCRUSADERSに一番欠けていること、そしてチームスポーツをする上で大切にするべきことは『信頼』ではないかという結論に至りました。

『信頼』を体現していく上で、私はチームが全力で取り組むことが必要だと考えています。
チームが全力になるためには、まず私自身がチームの中で一番全力であることが伝わるよう行動していきます。
私は、全力で頑張っている人間はとても頼りがいがあると思いますし、その人間が全力かどうかは辛い時にこそ一番現れると思います。
全員が全力で練習に取り組み、辛い時には鼓舞し合い、モチベーションを上げていくことがチームの理想だと考えています。

2010年に優勝して以来、CRUSADERSは優勝に届かず、昨シーズンは入替戦においても敗北を喫し、今は東海学生二部リーグAブロックというステージですが、再びこのチームが東海一部リーグで優勝を目指すことができるチームの土台を作ることが今シーズンの最低で最大の責任であると考え、そのチームを全力で牽引していくことが私の役目であると思います。

今年一年全力で駆け抜けますので、応援よろしくお願いします。

2019年2月20日
主将 恒藤 凌